紊骨

お墓の基礎知識

お墓を建てるとなると知っておきたいことがたくさんあります。
まずどのような場所にある墓地が良いかということを選択しなければいけません。
お墓は建てて終了というものではなく、それからずっとお参りをすることに意味があるものですから、訪れるのが苦痛になってしまうような場所はまず避けた方が良いでしょう。
ですから、あまりにも遠い場所ですとか、周囲の環境が悪い場所などは避けます。

また、低地にある墓地や高低差のある墓地なども注意して選ばなければいけません。
低地の場合は場所によっては大雨にあうと水没してしまうことも考えられますし、高低差がある場合には造成がしっかりしているところを選ばなければいけません。

また、実際に訪れた時の雰囲気も大切です。
もしも行ってみたときの雰囲気が暗く鬱蒼としているような場所ですと、なかなかお墓参りに行こうとも考えづらいのではないでしょうか。
気持ちよく供養するためにも、お墓は気分良く訪れることができる場所を選ぶべきです。

墓地使用規則もお墓選びの際には要チェック項目です。
墓地使用規則には墓地を使用する際の様々な決まりが定められています。
中には墓石のサイズや形を制限している場合や、取り引きできる墓石のお店を制限している場合もありますので、オリジナル色の強い墓石をと考えている場合には注意が必要です。

その他については普通の使用をしていればそこまで問題になるということはありませんが、建墓の期限が決められている場合にはそれに従いましょう。
というのも墓地の使用権というのは土地の登記がされたりするという性質のものではないからです。
そのため、使用権をはっきりとさせるためには実際に使用するのが一番ということで、建墓の期限が定められていることがあるんですね。
もしもそうした期限が無かったとしても、使用権の観点から境界石の設置などは早めに行っておく方がよさそうです。
また、お墓は一族みんなの今後に大きな影響を与えるとも言われていますので墓相のよいお墓を建ててみてはいかがでしょうか。墓相についての詳しい説明がこちらhttp://xn--hos.asia/に載っていますので是非ご覧になってみてください。

他にも、寺社の墓地であれば宗派の確認が必要ですし、墓参りの際にあると便利な手桶や柄杓などが備えてあるかといったこともチェックしておきたい項目です。