紊骨

墓石の種類と価格

墓石の価格は、使用する石の種類と分量・デザインなど加工費・施工費によって決まります。
一般に石を使用する分量が多く、デザインが凝ったものになると価格は高くなります。

墓石に使われる石は国産のものも輸入のものもありますが、石質が均一でキズやムラのない粘りのある石が良質のものと言われています。
墓石は常に屋外で風雨にさらされ紫外線などによっても劣化していきますから、その程度ができる限り少ないものを選びたいものです。

石の種類で最も品質が良いとされているのは国産の庵治石です。
墓石といってまず思い浮かべるグレーに白い部分がところどころ入った模様の石です。
御影石の一種で、最高級の墓石と言えるでしょう。
この他の石であっても、使われるものは御影石がやはり多いそうです。
硬度が高く水を吸いにくい石をと選んでいくと、自然とそこへたどり着くのかもしれませんね。

同じ御影石であっても、石の色にいくつかの種類があります。
白御影石・桜御影石・青御影石・黒御影石などがその種類です。
墓石の色については、宗教や宗派などで制限されているといったことはありませんから、ここは自由に好みで選ぶことができる範囲です。
全体の傾向としては、関東より北は黒っぽい石を、関西方面は白っぽい石を使うということが多いようです。
しかしここに決まりや作法はなく、あくまでも好みの傾向と言えるでしょう。

石の価格は同じ種類の石であっても、キズやムラやキメによって全く違ってきます。
キズやムラがなくきめ細かい石は上質な石になりますから、価格は高くなります。
高価なお墓ですと一括で払うのは難しいと思いますので、クレジットカードの分割払いを利用してみてはいかがでしょうか。
しかし先にも申し上げた通り墓石は屋外に設置するものですから、耐久性に優れたものを選ぶ必要があります。
お墓は長い期間をかけてお墓参りをしながら作り上げていくものでもありますから、その過程で傷みが出てくるような石は避けたいところです。

最近ではお墓のデザインに凝って、生前の趣味の品などをかたどった墓石を作成する方も増えています。
そうしたデザイン性の高いものは、デザイン料などもかかってきますから、墓石の価格はより高価になっていきます。
実際にお墓を購入した人の体験談はこちら。