紊骨

お墓の永代供養とは

通常のお墓の場合、それを継承し管理する人がいなくなってしまうと、そのお墓は無縁墓となってしまいます。
そうした場合、墓地を所有する寺社などでは共同供養塔などで無縁墓の仏様を合祀することになります。

一方、永代供養墓といったタイプのお墓は、継承者がいなかったとしても寺院や墓地の管理者によってずっと供養をしてもらえるといったお墓です。
核家族化が進んでいたり、子供のいない夫婦が増えている中、こうしたお墓にも大きな注目が集まっています。
こうした永代供養墓は、個人個人で紊骨をするのではなく、たくさんの方と一緒に紊骨室に安置されることになります。

また、自身の宗派などに関わり無く供養をしてくれるといったところが多いため、どなたでも受け入れてもらえます。
個人で墓石を建てることもありませんので、その分の費用がかかりませんし、管理費やお布施・寄付金などを出す必要がないことから、非常に安価にお墓に入ることができます。

永大供養墓の紊骨の仕方や供養の仕方は、その寺社などによってまちまちです。
最初から遺骨を合祀するところもあれば、決められた期間(33回忌など)は骨壷の状態で安置してその後合祀するところなどもあります。
供養も様々ですが、お彼岸やお盆に供養をしたり、毎月1回供養をしたりといったところがあります。
個別の墓石を建てないということで、どこに埋蔵されているのかということが分からなくなってしまうのではないか、という心配もあるかと思いますが、永代供養墓を管理している寺社などには記録が残されていますからそ
の心配はありません。

最近では親戚のいなくなってしまった田舎のお墓から、こうした永代供養墓に改葬する方も増えてきています。
お墓を建てるよりも安価に供養することができますし、より近い場所に先祖の眠るお墓があるということで、お墓参りに訪れやすくもなります。
そして、この先お墓を管理する子孫がいなくなってしまうのでは?ということを心配する必要がなくなるというのも大きな利点でしょう。