紊骨

お墓を移動する際の手順とお魂抜き

お墓を移動するというのは何かと手間のかかるものです。
しかし、近年では既に田舎に誰も住んでいる人がなく、このままではお墓の手入れも行き届かなくなってしまう、という方が増えてきているため、お墓の移動を希望する方も多くいるようです。
そうした場合、まず行うのは、現在お墓がある菩提寺に相談をすることです。

お墓の移動を菩提寺が制限するということはできませんが、先祖代々の供養をずっとしてきているということもあり、移動に際して離檀料の請求などがある場合もあります。
菩提寺からは埋蔵証明書の発行をしてもらわなければいけませんし、スムーズに進めるためには10~30万円程の離檀料は適当という見解もあります。
先祖代々お世話になっているところですから、あくまでも失礼にならにように、先方の顔を立てるように話を進めていくのが良いでしょう。

また、同時に移動先の墓地も探して受け証明書の発行もしてもらわなければいけません。
そして現在お墓のある市区町村の役場へ埋蔵証明書と改葬許可申請書を提出し、改葬許可証を発行してもらいます。
改葬許可証は現在お墓のある菩提寺へ持っていき、それからお魂抜きといって、お墓に宿る仏様の魂を鎮める供養をしてもらいます。
それが終わったら現在のお墓はきちんとさら地に戻してから返還します。
そして最終的に新しい墓地へ遺骨を埋葬すると、お墓の移動が完了します。
お墓の継承などは非常に大事なことなので、結婚する際にはきちんと夫婦で話し合うことが大切だと思います。

このように、お墓の移動には非常に時間とお金と労力がかかります。
しかし、お墓はこれから先の子孫にも関わってくるものです。
代々みんなでお参りをして供養していくことに意味のあるものですから、親戚もほとんど住んでおらず荒れるがままにするしかなくなってしまう遠方にあるよりは、季節ごとに訪れることのできる近場にある方がその意義が
あるというものです。
いずれは自分もそこへ入る場所ですから、その時に世話をしてくれる人が近くにいてくれる、そう思えるだけでも安心感があるのではないでしょうか。
お墓の移動方法についてはこちらhttp://xn--hos.cc/003idou.htmlにも詳しく載っていますので参考にしてみてください。