紊骨

お墓と各種法要

お墓は新しく建てる際や紊骨の際、またその後の節目ごとに様々な法要が必要となってきます。

まず一番最初に必要なのが開眼法要です。
開眼法要というのは墓石に仏様の魂を入れる儀式です。
それまではただの石であった墓石が、この法要によって参拝する対象となるのです。

この開眼法要は多くの場合、初めて紊骨する時に同時に行われます。
その費用は僧侶へのお布施・法具の使用料・お花代・お供え物代などです。
お布施は大体30000円ほどが相場と言われていますが、ケースバイケースというところもありますので、親族で相談したり場合によっては寺社に直接相談してみると良いでしょう。

次に必要なのは紊骨法要です。
これは実際に遺骨を紊骨する際に必要になってくるものです。
紊骨の際にはお墓の蓋をあけてもらう必要がありますから、菩提寺だけでなく石材店や墓地管理者への連絡も必要です。

費用としては僧侶へのお布施・御車代・法具の使用代・石材店への紊骨代・会食費用・引き出物の費用などです。
また、用意するものとして遺骨以外にも、埋葬許可証・火葬許可証・墓地使用許可証・印鑑などがあります。
滞りなく進行できるように事前に揃えておきましょう。
そしてもちろん紊骨したら終わりというわけではなく、年回忌の際などにもやはり塔婆法要といって法要を行ってもらうことになりますから、その際にもお布施などが必要になってきます。

このように、お墓にまつわる法要は様々なものがあります。
近年では近しい親族だけでこじんまりと執り行うといった方も多いですが、地域によっては親戚一同を集めてということもあります。
また、その内容についても地域によって様々な習慣がありますから、これが唯一の正解というものが存在しません。
どのように進めていけば良いのか迷ってしまうという場合には、菩提寺に相談をしながら決めていったり、親族にアドバイスを求めるなど、地域の法要に詳しい方と相談しながら進めていく必要があります。
またこちらのお墓選びのポイントについても参考にご覧ください。