紊骨

お墓の管理費とは

墓地の永代使用料を支払って代々に渡って使用する権利を得ると、その時管理料を支払う義務も同時に発生します。
お墓のある場所の管理はもちろんそこを使用している親族がするものです。
ですからこまめに訪れて墓石を磨いてあげたり、お花を取り替えてあげたり、掃除をしてあげたりしながら、先祖供養をしていかなければいけません。

しかし、墓地内にはお墓以外のところもあります。
水場や参道・休憩所・駐車場などがそうです。
そしてこうしたお墓以外の場所については掃除をしたり手入れをするということを、お墓の利用者は自分ではしません。
そこでその代わりに管理料を毎年支払うのです。
これはちょうどマンションの共用部分の修繕などのために支払う管理料と同じことです。
この管理料については墓地の管理規則によって定められていますから、いくら支払わなければいけないのかといったことについては、管理規則を確認しましょう。
管理料はその墓地ごとに違います。

おおよその目安としては公営の場合には1000~4000円で、民営の場合には4000~10000円です。
公営よりも民営の方が高く、更に永代使用料が高い墓地は管理料も高い傾向があります。
とはいっても、管理料の金額はそこまで大きなものではありません。
普段から先祖が眠る墓地の周辺をきれいに整えていてくれているということを考えると、むしろ安いと考えても良いかもしれません。

しかし、例えば管理する人のいなくなってしまった田舎の墓地の場合など、管理料の支払をする人もいなくなってしまっている場合があります。
そうした場合、管理規則には「○年以上管理料の支払が滞り継承者がいなくなってしまったお墓は無縁墓として整理される《といった項目がありますので、それに従って整理されてしまいます。
そういったことを避けるためにも、田舎にお墓を管理できる親戚などがいない場合には、早めにお墓の移転を考えることも必要になってきます。
また、お布施や寄付金などお寺との付き合いに悩んでいる方はこちらhttp://bomexnl.com/ofus.htmlを参考にしてみてください。