紊骨

民営墓地・民営霊園を利用するには

民営墓地や民営霊園は宗教法人などの事業主体から運営を委託された民間企業が運営する墓地です。
その一番の特徴は自由度が非常に高いということではないでしょうか。

まず民間の運営ですから様々なサービスが用意されています。
駐車場やトイレなどはもちろんのこと、お墓参りに必要なものが揃うお店があったり、親戚などが集まった際に会食できるような施設が用意されていることもありますので、とても便利に利用できるでしょう。
また、管理費についても、定められた金額をまとめて支払うとその後の管理費が上要になる永代管理制度を設けているところもあります。
こうした便利に使える工夫をしてあるというのは民間ならではでしょう。

また、国籍や宗教・宗派なども問わずに利用できるというのも良い点です。
最近では日本国内に住む外国籍の方も増えていますし、様々な宗教・宗派の方もいらっしゃいます。
そうした場合でも分け隔てなく入ることができるというのは大切なことです。

また、仏教以外の宗教の方がお墓を探すということになると、実質民営墓地で探すということが多いようですね。
公営の墓地と違って常時募集がかかっているというところも購入しやすいので便利です。
生前に求めておくことも可能ですから、自分で自分の入りたいお墓を探しておくということが可能になります。
お墓の広さや墓石のデザインなどについても選択肢がとても広いので、より個性的なお墓をと考えている方には特に良い選択でしょう。
しかし、墓石の制作をお願いする石材店が指定されていますから、墓石に凝りたいといった場合には提携している石材店がどういったところなのかというのも併せてチェックしておく必要があるでしょう。

そして民営の場合には利益を出していかなければいけませんので、どうしてもその料金は公営と比較して高くなってしまいます。
その分自由度が高いことやサービスが充実していることを考えると、妥当と言えるかもしれません。