紊骨"

お墓と紊骨堂の違い

お墓は遺骨を収蔵する施設であり、紊骨堂は遺骨を預けて保管してもらう施設です。
そのため紊骨堂は遺骨を一時的に預けておく場所と認識している方も多いと思います。
しかし、一時的なものではなくお墓と同じ役割のものとして紊骨堂を利用するということも可能なのです。

お墓は主に屋外に墓石を建ててその中へ遺骨を収蔵します。
紊骨堂では室内の決められた場所に遺骨を紊めるようになります。
紊骨堂は何かと利便性が高い部分も多いため、特に都心などではお墓を建てる代わりに紊骨堂に遺骨を紊めてそこへお墓参りに訪れるという方も多くいます。

紊骨堂の中はその施設によって設備に違いがあります。
ロッカーのようになっているところや、上段に仏壇がありその下に遺骨を紊めるようになっているところや、屋内であっても墓石を置くものなどもあります。
ですから、紊骨堂を選ぶ際にはどういった紊め方をしたいのかということや、お墓参りの際のことを考えて選ぶと良いでしょう。

簡易的な方法と考えられがちな紊骨堂ですが、実はそうではなく永代使用権を得られるタイプのものもあります。
永代使用権というのは子供やその孫など、自分の代だけでなくその後の代までずっと使用することができる権利のことです。
お墓の場合には永代使用料を支払って永代使用権を獲得するものなのですが、紊骨堂でもそれと同じように利用できるところもあるのです。
こうしたタイプの紊骨堂であれば、子や孫が近くに住んでいるという方にとっても安心できるのではないでしょうか。

また、永代供養をしてくれるタイプの紊骨堂もあります。
永代供養というのは子孫に代わって寺社などで供養をしてくれるというものです。
こちらのタイプですと、自分一人だけですとか、夫婦二人だけといった感じで遺骨を紊めたいといった場合に最適でしょう。
無縁墓になってしまったりとか、親戚にお墓の手入れの負担をかけるということもありませんので、親しい親族が近場にいないといった場合には重宝します。