紊骨

お墓を新設する際の総合的な費用

お墓を新設する際にかかる費用は大きく分けて「永代使用料《「墓石の料金《「管理料《です。
寺社墓地などの場合には、これとは別に檀家として紊めるべき費用なども入ってきます。

お墓を建てようとするとまず必要になってくるのが永代使用料です。
墓地の決められた区画を子孫が存続する限り使用することを認めてもらうための費用で、借地権のようなものです。
墓地は売買することができませんから、家を建てるための宅地を購入するように墓地を買うということはできません。
このようにずっと使う権利を取得することでお墓を建てることができるのです。
永代使用のための料金ですが、もしも子孫が改葬でお墓を移動させるなど、現在の墓地を返還することにしたとしても、ほとんどの場合には永代使用料の返還があるということはありません。

そして次に必要なのが墓石の料金です。
墓石は石の品質・使う石の量・デザインなどによってその価格が変わってきます。
品質が良い石をふんだんに使い凝ったデザインにすれば、当然墓石は高くなります。
逆に石の品質を抑えオーソドックスなデザインで分量も抑え目にすれば価格は低くおさまります。
とはいっても、墓石は屋外に建てるものですから、なるべく劣化しづらいものを選びたいものです。
そのためには石の質という部分はある程度以上のものを使用する方が良いのではないでしょうか。

そして最後に管理料です。
管理料は一度きりのものではなく、毎年必要になってくる費用です。
一体何のための費用なのかというと、墓地の共用部分の整備のためのものです。
つまり、マンションの管理費と全く同じ性質のものです。
墓地の管理費は一定期間支払が滞ると、お墓の継承者が無いものとみなされて、無縁墓として整理されてしまうということが起こります。
これは管理規則などに明記されているはずですからきちんと確認が必要です。

また、民営の墓地では定められた金額を一括で紊めることでその後管理費を支払わなくても良いようになる、という制度を導入しているところもあります。
管理費は毎年発生するものですので、それを除いた永代費用と墓石代の合計は、おおよそで200~500万円ほどだそうです。